リロケーション選び

リロケーションを利用する場合、リロケーションの会社を選ぶことも大切です。入居者が決まらない状態では家賃収入が入らず、それだけ損するという考え方を持つと、入居までのスピードがとても重要になってきます。そこで入居の募集方法などがしっかりしている不動産会社やリロケーション会社を選ぶようにしましょう。

また入居者のチェックをきちんと行ってくれるかということも大切です。非常識な借り主でないかなどをチェックして、少しでも雑な借り主を防ぐことも大切になります。そのためにもどのような入居者の募集方法かなどもチェックしてみましょう。また当然賃料設定についても、少しでも高い賃料で貸すなど、オーナーに寄り添ったリロケーション会社を選ぶようにしたいものです。

そこで管理物件が多いほどリロケーションとしての経験もあり、顧客も持っているリロケーション会社が優秀だということになります。もともとリロケーションの歴史はまだ浅く、ノウハウを多く持っている会社がベストです。また戻ったときにどのぐらいで入居できるようになるのか、入居者の退去にどのぐらいかかるのか。それが実行されないときの保障などもちゃんと決まっているのか、その辺もチェックしておきましょう。

メリットとデメリット

リロケーションのメリットとデメリットを考えてみましょう。まずメリットとして家賃収入を失敗なく得ることができます。毎月一定の家賃収入を得ることができ、出張中でもローン返済に役立ちます。そして期間を区切って計画的に住宅を貸すので、自宅に戻るときにも借り手とのトラブルがありません。

一般的な賃貸しでは隣人とのトラブルなどもすべてオーナーが行うことになりますが、リロケーションを利用すればすべて行ってもらえるので、オーナーは何も面倒なく貸すことができるのです。そして住宅を長期間住まないでいると劣化が起こりますが、リロケーションを利用すれば劣化も防げるというメリットもあります。また長期間の空き家に比べ、空き巣などの心配もありません。

ではリロケーションのデメリットも考えてみましょう。確かに人に貸すことで家が傷付くという恐れはあります。またペット飼育を禁止していても、黙って飼う人もいないとは限りません。このようなリスクを少しでも回避するために借りる人の審査をしっかり行っているリロケーション会社が多いようですが、確実に分かるわけではありません。

また期限付の賃貸なので、賃料はどうしても安くなります。しかしこの期限付という賃貸スタイルこそ、リロケーションのメリットでもあるわけです。

リロケーションの歴史

リロケーションはもともとアメリカでも盛んに行われているサービスでした。特にアメリカの場合は転勤時の持ち家管理だけでなく、引越し屋の手配や行き先の家の手配などすべて行うサービス業として存在していました。日本ではリロケーションは30年ほど前からサービスが開始されましたが、実際一般的に使われるようになったのはまだ10年ほど前からです。そしてリロケーション専門の会社だけでなく、大手不動産会社の部門としても広がっていきました。

海外赴任や国内転勤などによって、持ち家をどうするかということがサラリーマンにとっては重大な問題でした。ローンを払うためには家を誰かに貸すことがベストですが、貸し主の方が法律的に弱いためが借りた人が出ていかなかったり、膨大な立ち退き料を要求されたりと、とんでもないことが起こっていたのです。

そのため社内持ち家借り上げ制度が企業で行われるようになり、社宅として借り上げてくれる企業も増えてきました。しかしあまりにも安い家賃でローンが払えなかったり、上司などが住んだ場合はどのように乱暴に扱われても文句は言えません。そんな状態が続き、やっとアメリカでは当たり前に存在していたサービス業であるリロケーションが誕生したのです。

もちろんアメリカのリロケーションと同じように、自宅の管理や貸し家管理もすべて行い、その上転勤先の貸家の手配なども行ってくれる、転勤族にとってはとても有り難いサービス業なのです。リロケーションを自由に利用できるようになった現在は、出張に行っているときにも安心して貸すことができるようになりました。